Android, スマートフォン

Nexus 5 – Wikipedia

Nexus 5のOTAアップデートが、2016年の6.0.1を持って終了している為、
久々にCFWに手を出してみることにした。

基本的には、下記参考サイトに記載されていることを行っただけなのだが、
一部想定外のトラブルが発生した為、記載する。

参考サイト

Nexus5 Android9 のセットアップ – Radi開別館
Nexus5にAndroid9をいれました – Qiita

Android, スマートフォン

前提:AndroidSDK・ADBドライバ導入済みのWindows環境 Android4.0以降の端末

注:バックアップが取れない場合もあります。 (権限不足等)

バックアップ・リストアが失敗してデータを損失した場合等、一切保証は致しません。

自己責任で行ってください。

Android, ソフトウェア開発, 開発環境

Googleから、Android Developer Tools in Eclipse サポート終了のアナウンスがされました。

いままでAndroidのネイティブアプリを開発していた方は、Eclipse+ADTという環境が多いかと思います。

これからはAndroid Studioを使うよう、アナウンスされていますのでご注意ください。

 

移行方法は下記にてアナウンスされています。

An update on Eclipse Android Developer Tools | Android Developers Blog

Migrating to Android Studio | Android Developers

Android, iOS, ソフトウェア開発, デザイン

アプリケーションのデザインをする際、ユーザビリティを十分に考慮する必要があります。

各社から、何をどのように気を付けたらよいか、どのような事例があるかなどが

インターフェイス デザイン ガイドラインとして提供されています。

 

Microsoft

ユーザー インターフェイス デザインのガイドライン

Windows デスクトップ用アプリを設計する

UX パターン

 

Apple

iOS Human Interface Guidelines

 

Google

Android Design

Material design

 

ボリュームは多いですが、是非とも一度目を通してみてください。

Android, iOS, ソフトウェア開発

2次元にかかれたイラストを動かす方法として、

従来はGifアニメーションというものが使われてきました。

いわばパラパラマンガ、1枚1枚少しずつ絵を変えていき、

できた絵の集まりを再生する というものです。

 

次にFlash。 これもパラパラマンガ(タイムライン)に近いのですが、

補完をしてくれるため、かなり楽に作業が行えるようになりました。

またActionScriptによりタイムラインを切り替えることで、

複数の動きをつけることができるようになりました。

 

さて、ここで大きな問題があります。

目の動き、口の動きなど、細かくすればするほど、

オブジェクトの作成・プログラミングが複雑多岐にわたります。

最終的に、イラストを動かすアプリをつくるとなると、イラストレータ大泣き、

プログラマ大泣きとなることが用意に想像つきます。

Android, ソフトウェア開発

Androidアプリケーションの開発に欠かせないのが実機での動作テスト。

もちろん、Android Virtual Deviceを使用してのテストも重要ですが、

やはり実機でのテストはしておきたいところです。

しかし、世の中に出回っている端末すべてを入手するのはまず不可能。

そこで便利なサービスをご紹介します。