C#, WPF, メモ, 開発環境

よく使う初期環境 のMaterialDesignThemes 3.1.3 対応版

  • ControlzEx 4.3.2
  • LivetCask 3.2.3.1
  • LivetCask.Behaviors 3.2.3.1
  • LivetCask.Collections 3.2.3.1
  • LivetCask.Converters 3.2.3.1
  • LivetCask.Core 3.2.3.1
  • LivetCask.EventListeners 3.2.3.1
  • LivetCask.Messaging 3.2.3.1
  • LivetCask.Mvvm 3.2.3.1
  • MahApps.Metro 2.2.0
  • MaterialDesignColors 1.2.6
  • MaterialDesignThemes 3.1.3
  • MaterialDesignThemes.MahApps 0.1.4
  • Microsoft.Xaml.Behaviors.Wpf 1.1.19

WPF, デザイン, 開発環境

Fluent Designとは

Microsoftが2017年に提唱したデザインシステム。

Windows10の電卓など、一部アプリケーションはすでにFluent Designになっている。
また、Office・カレンダー・メール等、Microsoft製アプリケーションのアイコンデザインがFluent Designベースに変更された。

ソフトウェア開発, 開発環境

Visual Studio 2017 が正式リリースされました。

Visual Studio | Developer Tools and Services | Microsoft IDE

旧Ver同様、Community  2017 は無料となっています。

詳しい内容は下記に記載されています。

Visual Studio 2017 リリース ノート (日本語)

開発環境

Visual Studio 2015 / Visual Studio 2013 with Update 5 / .NET Framework 4.6 がリリースされました。

ダウンロード | Visual Studio

 

また前の記事で記載したとおり、29日まではWindows10SDKが入っていません。
ご注意ください。

7 月 29 日まで、このリリースでは Windows 10 向けの開発をサポートしません。ユニバーサル Windows アプリを開発している場合、7 月 29 日までは引き続き Visual Studio 2015 RC を使用してください。

 

それぞれの製品の詳細は、下記をごらんください。

Microsoft、統合開発環境「Visual Studio 2015」を正式公開 – 窓の杜

Microsoft、「.NET Framework 4.6」を正式公開 – 窓の杜

ソフトウェア開発, 開発環境

Microsoft Visual Studio 2015 及び .Net Framework 4.6 の正式リリースが7月20日に決定とのことです。

Visual Studio 2015 RTM のリリースが 7 月 20 日に決定! 記念イベントも同日開催 – Visual Studio 日本チーム ブログ – Site Home – MSDN Blogs

 

またリリースに合わせて、20日と21日にイベントが行われるそうです。

日本でもやります! Visual Studio 2015 リリース記念イベント – Visual Studio 日本チーム ブログ – Site Home – MSDN Blogs

どちらもオンラインで動画配信があるそうです。

 

これでバッチリWindows10ユニバーサルアプリが作れる!と喜んでいる人はちょっと待ってください。

(ユニバーサルアプリとは、スマートフォン・タブレット・PC、どのデバイスのWindows10でも動作するアプリケーションのことです。)

Visual Studio 2015 が7/20にリリース! ただUWPを作る人はちょっと注意 – 高橋 忍のブログ – Site Home – MSDN Blogs

Windows10の発売日は7月29日、VisualStudio2015は9日早いリリースとなります。

Windows10SDKの正式リリースはWindows10と同時な為、20日~28日はVisualStudio2015正式版ではユニバーサルアプリが開発できません。

ご注意ください。

Android, ソフトウェア開発, 開発環境

Googleから、Android Developer Tools in Eclipse サポート終了のアナウンスがされました。

いままでAndroidのネイティブアプリを開発していた方は、Eclipse+ADTという環境が多いかと思います。

これからはAndroid Studioを使うよう、アナウンスされていますのでご注意ください。

 

移行方法は下記にてアナウンスされています。

An update on Eclipse Android Developer Tools | Android Developers Blog

Migrating to Android Studio | Android Developers

ハードウェア, 開発環境

ソフトウェア開発環境を構築するにあたり、重視するハードウェアは何でしょうか?

目の疲れないディスプレイ、打ちやすいキーボード、手の疲れないマウス・・・

挙げればきりがありません。

しかし、私が重視するハードウェアの1つで、個人開発者の世間一般ではあまり導入されていない物があります。

無停電電源装置(UPS)です。