デザイン, 素材

デザインで頭を悩ませるのがフォントの問題。

インパクトを重視するのか、読みやすさを重視するのか等、

フォントを変えるだけで読み手に与える印象は大きく変わります。

 

今回はフリーのフォントを中心に、Webフォントを利用できるサイトなどを

ご紹介いたします。

 

Google Noto Fonts

GoogleとAdobeが開発したフォントです。

様々な言語のフォントがそろっております。

日本語に対応したフォントはNoto Sans CJK JPです。

ダウンロードして通常のフォントとして利用する他、

スタイルシートで指定することでWebフォントとして利用することも可能です。

 

源真ゴシック

Noto Sansの派生フォント。

TrueTypeになり、等幅・プロポーショナルが混在していたのが明示的に分かれています。

 

M+とIPAの合成フォント

M+フォントはフリー・自由なライセンスで使える美しいフォントですが、

文字数が少々少ないというデメリットがあります。

そこをIPAフォントで補完したものがこちらのフォントです。

 

Rounded M+

角ゴシックであるM+フォントを元に、丸ゴシック化されたフォントです。

 

みんなの文字

イワタ・電通・ユニバーサルコミュニケーションデザイン協会が作成したユニバーサルフォントです。

通常のフォントは56,000円しますが、Webフォントとして利用する場合は無料です。

 

TypeSquare [タイプスクウェア]

様々なWebフォントを利用できるサイトです。

1万PV以内・1書体・1ドメインに限り、無料で使えるプランもあります。

 

書体の選び方|伝わるデザイン

どの場面でどのようなフォントを選択するべきかを、

丁寧に解説されているサイトです。

スマートフォン

総務省よりSIMロック解除が義務付けられ、本年よりキャリアのSIMロックが解除できるようになりました。

しかしご注意を。 SIMロックが解除されればSIMフリーになる訳ではありません。

 

SIMロック解除・SIMフリー 共通の項目として、あらゆるキャリアのSIMが認識できるようになります。

(本体がキャリアの周波数帯に対応している必要がありますが。)

docomo・au・Softbankはもちろん、VerizonやAT&Tなども認識できます。

日本ではあまり普及していませんが、海外では駅やコンビニなどで気軽にSIMが購入できますので、

海外旅行の時には現地で購入したSIMに差し替えることで、安心してスマートフォンが使えます。

 

SIMロック解除の落とし穴その1、それはテザリングです。

(正確には、docomoのSIMロック解除端末です。)

 

全てのスマートフォンは、3G・4G通信をする際、SIMカードを認識し、アクセスポイントに接続します。

アクセスポイントの設定はスマートフォンから行えます。

通常、普通の通信もテザリングの通信も、アクセスポイントは変わりません。

しかし、docomoのSIMロック端末は、

普通の通信は設定したアクセスポイント spmode.ne.jp を通りますが、

テザリングした場合は自動的にアクセスポイントが dcmtrg.ne.jp に変わります。

これはSIMロックを解除しても維持されてしまう仕様となっております。

MVNOのSIMを刺し、アクセスポイントをMVNOに指定された物に変更し、普通に通信ができていても、

テザリングをした瞬間にアクセスポイントが変わり、SIMとの不一致で通信ができなくなります。

 

SIMロック解除の落とし穴その2、不要なSIMロック解除です。

 

キャリアで使用していた端末をMVNOで使いたいのでSIMロック解除する、

これは半分正解で半分間違いです。

MVNOとは、大手キャリアから回線をレンタルし、独自の通信事業を展開しています。

日本では、ほとんどのMVNOがdocomoから回線をレンタルしています。

auからレンタルしてるMVNOはUQ mobileとmineoしかありません。

つまり、DoCoMoで契約していた端末は、SIMロックを解除しなくても、

DoCoMo系MVNOで使用することができます。

ただし、アクセスポイントは変わりますので、設定する必要があります。

(docomoで使用していた端末をau系MVNOで使用したい場合はSIMロック解除が必要です。)

スマートフォン

前回の記事では、SIMフリースマートフォンを個人輸入できるサイトをご紹介しました。

しかし、税関で待たされたり、為替で価格が変わるなど、いろいろ不安な点もあります。

 

ならば、SIMフリースマートフォンを日本で直接買ってしまえばよい、

ということで、秋葉原で直接購入できるお店をご紹介します。

 

MobilePLAZA 秋葉原

SIMフリースマートフォンはもちろん、ケースなどのアクセサリーも豊富に取り揃えています。

個人輸入したスマートフォンのアクセサリーが欲しいというときにも便利です。

珍しい端末やアクセサリがあるのも目玉です。

 

Jan-gle秋葉原本店

スマートフォンやケーブル類だけでなく、

ドロイド君のグッズなどの輸入雑貨も取りそろえており、

とても楽しいお店です。

 

イオシス

輸入スマートフォンだけでなく、中古の白ロムスマートフォンもあり、

ものすごい量の品ぞろえがります。

スマートフォン

IIJmioOCNモバイルONEなど、MVNOが普及してきました。

そうなると、端末のみをどうやって手に入れるかが問題になってきます。

 

MVNOの提供している端末をSIMとセットで購入する、

キャリアで使用していた端末を再利用するなどもありますが、

海外のSIMフリースマートフォンを購入するという手もあります。

日本では売られていない端末もあり、なかなか面白いです。

 

今回はSIMフリースマートフォンを購入できるオススメサイトをご紹介します。

 

Expansys

イチオシ中のイチオシのサイトです。

なんといってもすべてが日本語で済む点。

デメリットとしては、在庫があまり無い点、値段が少々高めなところでしょうか。

 

1ShopMobile

サイトは英語ですが、サポートは日本語が使えます。

発送が早いため、入手まで待たされる期間が短くて済みます。

 

Clove

Expansys・1ShopMobileは香港モデルがほとんどですが、

Cloveはほとんどが英国モデルです。

オプション品が付く場合もあり、お得です。

 

MOUMANTAI

上記3サイトとは異なり、スマートフォンのパーツを購入できるサイトです。

個人でのスマートフォン修理は敷居が高いですが、安価に済ますことができます。

 

個人輸入は怖い、国内でSIMフリースマートフォンを入手したいという方は、

こちらの記事をご覧ください。